★グリップの交換
パーツクリーナーをグリップの隙間に注入します。
※クリーナーが無い場合は、お湯をグリップの隙間に流し込みます。
グリップのエンド近くまで注入すると、力を使わずに外すことができます。
付け替えるグリップにも同じようにパーツクリーナーを付け、乾燥する前に素早くねじ込みます。
※クリーナが無い場合は、風船を膨らます要領で、グリップ内部に息を吹き込み素早く取付けます。